« STB139 | トップページ | 当落等々 »

2010年2月14日 (日)

2/14(日) 亜弥@STB139

2/14(日)にSTB139にて行われました松浦亜弥ちゃんのコンサート(1回目の男性限定公演)に参戦してきました。

前回の記事で亜弥ちゃんからチョコレートの配布はあるのかという事を書きましたが、入場時に女性スタッフさんが2人立っていて、亜弥ちゃん写真のチロルチョコを1個いただきました。
貴重な物なので、しばらくは食べないで取っておきます(^^;。

今回は50番以内の番号だったので、1階の見晴らしの良い場所を確保する事ができました。

ネタばれありますので、ご注意。

まずはセットリストを挙げておきます。

★松浦亜弥 Special Live 2010 at STB139 セットリスト

01.待ち合わせ
02.Fallin'
03.ダブル レインボウ
04.真珠
05.君の名前を呼んだ後で(槇原敬之さん)
06.ハピネス
07.つまんないよ
08.チョコレート魂

・公演時間:約1時間25分
(亜弥ちゃんのMCの長さにより変動がありそう)

・バンドメンバー
ギター:菊ちゃん
パーカッション:福ちゃん
コーラス:千野ちゃん
ピアノ&キーボード:桜井さん

バンドメンバー登場の後に亜弥ちゃん登場。
亜弥ちゃんの衣装はバニー風でお腹と背中にリボンが付いていました。
私をプレゼントという意味だったのかな(^^;。
背中が全開でめっちゃセクシーでした。

「Fallin'」の後に乾杯あり。
今回STB139が用意してくれたカクテルは、林檎のお酒が入った桃色の「桃色片想い」。
私は2杯飲みましたが、甘くて飲み易かったです。
ちょっとアルコール度は高そうでしたが(^^;。
亜弥ちゃんはアルコール入りだとこの後歌が歌えなくなるとの事で、ノンアルコールのカクテルで乾杯。
亜弥ちゃん、飲んだらもっとSになるとか言っていましたw。

バレンタインについても亜弥ちゃん、触れていました。
覚えている範囲ではこんな感じ。

男性限定という事で皆さんにお集まり頂いた訳ですが、最初、この企画を決めた時、1日ずらせば良かったかな?と思った。
集まるのかな?と。
でもフタを開けたら満員。
来てくれるのは嬉しいけど、あまり私ばかり追っ掛けてちゃダメですよ。
皆さんの人生にまで責任持てませんからね。

「ダブル レインボウ」と「真珠」はお客さんのリクエスト。
最初のお客さんのリクエストは「チョコレート魂」でしたが、亜弥ちゃん、絶対言われると思ったので練習してきたとの事。
今日のラストに歌うという事で、結局「ダブル レインボウ」になりました。

「ハピネス」と「つまんないよ」もお客さんのリクエスト。
これは店内で配られたアンケート用紙に亜弥ちゃんに歌ってほしい曲という質問があって、それに応えてくれたもの。
「つまんないよ」は久しぶりに生で聴けたので、嬉しかったです。

「チョコレート魂」はバレンタインデーなので歌うけど、今日で永久に封印との事。
名曲なのに残念(^^;。
恥ずかしそうに歌う亜弥ちゃんがめっちゃ可愛かったです。

今回も前回と同じくノープランとの事で、ワクワクしながら観る事ができました。
チケットを譲っていただいた知り合いの方、改めてありがとうございました。

|

« STB139 | トップページ | 当落等々 »

コメント

お疲れさまです。
アンケートすぐ読むと思わんかったから、普通のことを書いて
しまった。
番号は早いに越したことは
ないですが、私たちの座席辺りが
一番かな。

投稿: シャンブロウ | 2010年2月15日 (月) 01時01分

>シャンブロウさん

お疲れさまでした。
アンケートは私も普通の事を書きました。
次回はもうちょっと気のきいた事を書きたいと思います。
座席はあの辺りか右サイドの1列目が観易いと思います。

投稿: ぶーたん | 2010年2月15日 (月) 23時33分

フラミンゴで、
STBのライヴ写真が
発売されるね。

投稿: シャンブロウ | 2010年2月26日 (金) 23時28分

>シャンブロウさん

情報ありがとうございます。
最近写真はあまり買わなくなりましたが、STBでのあのリボンの衣装はめっちゃ可愛かったので欲しいです。

フラミンゴ、楽しんできてくださいね。

投稿: ぶーたん | 2010年2月27日 (土) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121617/47568805

この記事へのトラックバック一覧です: 2/14(日) 亜弥@STB139:

« STB139 | トップページ | 当落等々 »